代表挨拶

「幸せを求めて、集まっていただいたお客様と仲間を幸せにすること」を目的とし、
理念経営を通して仲間の幸せと価値を創造し、「幸せ」を実感できる会社となる。

代表取締役 江野 俊銘
代表取締役 江野 俊銘
「想いから元祖日本タピオカを生み出し、世界へ」
現在の日本では大人気の大粒タピオカドリンク。
タピオカはかつて食糧が少なくお腹をすかせた子供たちに甘いデザートを食べさせてあげたいと、お芋を加工したことから作られました。
「美味しいものを食べさせてあげたい」という思いやりの気持ちがタピオカを作ったのです。
タピオカは、初めはお汁粉やかき氷のトッピングとして食べられていましが、ドリンクに入れてストローで飲んだ時に吸い上げる際の独特の感触、モチモチとした食感が楽しい!と台湾で大人気になりました。
そこで、まだタピオカが有名ではなかった日本で台湾で人気のあるタピオカを日本の皆様にも知ってほしい!という想いで、2000年よりタピオカワールド事業でタピオカの卸し販売を始めました。
2001年には日本に初めてタピオカの工場を開業し、日本でしか作れない高品質にもこだわりました。当時は、大粒タピオカを見かけることは少なく、「元祖日本タピオカ」といっても良いと自負しています。
そして、タピオカをお腹を満たす食べ物だけでなく、初めてタピオカが作られた時のような温かな心と、喜びをお客様に感じていただきたいという想いで飲食店事業のタピオカ専門店「パールレディ」を2003年に立ち上げました。
現在、関東圏を中心に27店舗出店し、女子中高生を中心に多くのお客様に日本のタピオカを美味しくかつ楽しく味わっていただいています。
また、2012年には海外展開の皮切りとして、台湾に現地法人を設立。これにより、本格的なタピオカ生産・輸出業務を行える体制を整え、タイ王国、中国にも出店を開始しました。
卸業、飲食事業の両方を通して日本で作る美味しく安全で高品質なタピオカで多くの方に温かさや喜びで幸せを感じていただきたいという想いでこれからも日々努力していきます!